マーケティング実験によって
支援前の売上を3倍にアップ!

盛岡市内の大手店舗で15年間勤務した後、独立してサロンを開業。起業塾に参加して経営知識を得ていましたが、当初の計画を大幅に下回る経営状態でした。

相談のきっかけ

計画通り集客ができず、創業後の売上は低迷
創業当初は、施術料金を1時間1万円に設定し、特別な施術であることをアピール。しかし、計画通りには売上が伸びず、経営面の知識を得るために起業塾にも参加。即効性のある打開策が見つからず、どうしたら集客できるのか、悩んでいる状況でした。

課題整理・分析

効果的手法を「コスト」と考え、踏み出せない
新規顧客のリピート率は90%と高く、「認知」してもらえれば固定客の増加が見込めました。タウン誌への折り込みや自身で手書きチラシをポスティングしたところ、手書きチラシは回収率が2%と好反応。しかし、効果的なポスティングを「コストがかかる」と考え、実施を控えていました。

解決策の提案と実施

チラシを中心としたマーケティング戦略で、実験的に集客効果の上がる方法をテスト
早急に売上を向上させるため、マーケティング活動を優先。効果を上げた過去実績があり、「目に留まる」手書きチラシをポスティングすることを提案しました。強力なコンテンツとして「利用者の声」を集め、チラシでは顧客が抱える「お困りごと」をシリーズ化。配布エリアを分け、2種類のチラシでABテストを繰り返すことで、反応率の高いチラシへブラッシュアップを繰り返しました。
その一方で、サロンのコンセプトの強化にも着手。事業者は、住宅街の目立たない平屋建の店舗を「弱み」と考えていましたが、むしろそれは「強み」。「他の人に見られたくない」という女性客をターゲットとすることを提示し、利用客の人物像を固めていきました。

支援の成果

売上高は3倍! 固定客の増加で安定経営に
まだ目標には届いていませんが、売上高も顧客リストも支援前の3倍まで増加しました。事業者も、サロン経営において高い稼働率を維持する重要性や、集客の工夫を理解できるように。このまま固定客が増え続けることで、安定した売上を見込めるようになりつつあります。

◎相談者の声

ご指導を受けるようになって、集客施策の重要性を痛感。よろずメンバーのアドバイスを受けて作ったチラシは、反響も早く効果的でした。細やかに連絡をくださり、励ましていただいたのも心強かったですね。

◎岩手よろず支援のポイント

施策を段階的に実施していくことで、小さな成功体験を積み上げながらモチベーションをキープ。代表者と一緒に過去の施策や売上拡大のヒントを確認・共有できたことで、自信を持って進められました。

浅岸ほぐしサロン
◎代表者名/吉田祝子◎住所/岩手県盛岡市浅岸3丁目1-1
◎電話番号/090-9530-8527